Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tbsoukyu.blog34.fc2.com/tb.php/137-f62a1237
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

改稿と新人賞応募を検討中

久しぶりに物書きとしてのくすぶっていた魂に火がつき始めています。

しばらくぶりに、新人賞応募に手を出してみようかなと。
原稿用紙換算200枚という分量は正直書けないので、そこに満たなくても応募できる新人賞を探しています。

先日「冲方丁のライトノベルの書き方講座」という文庫本を購入しました。
出張先で暇つぶしに何か本を読みたかったので。
この本は「冲方式ストーリー創作塾」の文庫化にあたって改稿された本なわけですが、マルドゥック・スクランブルもカオスレギオンも読んだことないから例えがわかんねー!!
わかるのは蒼穹のファフナーだけですがな。

巻末に新人賞募集要項一覧があったので、これを参考に3つほど応募できそうな賞を絞ってるところです。
てか、いつの間にか富士見ファンタジアは応募しやすくなってるのですな。
前は長編小説大賞しかなかったから、私には応募できなかったのですが。


またこの挑戦に合わせて、既存作の改訂を考えています。

作品公開ブログに以前こんな事書いたんですが……

小説への愛故に、物書きとしてチャレンジしたからには退かぬ(ことを心がける)、自分の書きたいことを曲げてまで大衆に媚びぬ(ようになりたい)、終わったことは省みぬ(いくら出来が悪くてもそれがそのときの精一杯の作品なのだから)という思いと願いを込めています。


終わったことは省みぬの原則を破ることになりますが、どっちみち応募するためには分量がちょいとばかし足りないんだよね。
新規に作品を書き起こすには時間もモチベーションもネタもまだまだ足りていない状況、既存作のうち今から煮詰めたら満足できる2作品を直して応募するという手を取るべきではないのかと。

対象は「Dearest」と「そこの武官はティーンエイジャー」になると思います。
もともとDearestシリーズは個人的に力を入れている作品ですし、そこの武官…は既存作の中では自分なりに満足の度合いが割と高い作品です。
もちろん両方ともそのまま出すには問題ありと考えているので、どこかに出すのであれば改稿が必須なのですが。
すでにそこの武官…は改稿作業を始めていて、直す方向性のようなものは固まっています。
Dearestは今から改めて読み直し、どこを直すかを詰めていきたいと思っています。
直すとすれば前半部の一部表現と、後半部の構成を広範にいじることになるのでしょうが。

どれだけ時間を確保できるのかは未知数ですが、やれるだけはやってみたい気持ちです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tbsoukyu.blog34.fc2.com/tb.php/137-f62a1237
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

ブログランキング

よろしかったらクリックお願いします。

プロフィール

寺浜のあ(篠原 遙)

Author:寺浜のあ(篠原 遙)
創作小説に関わる雑記雑感、ライトノベルを中心とした読書感想などを中心に書き込んでいきます。

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。